menu_umi_img01_l.jpg

当館の板前が「お客様に美味い料理を楽しんでもらいたい」という気持ちを、こだわりの食器選びや鮮やかな盛り付けで表現いたします。
駿河湾の新鮮な海の幸をメインにした懐石料理を、温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま、お召し上がりいただけます。もちろん、料理に合った静岡の地酒もご用意しております。メニューは、お客様に旬の味を堪能いただけるよう月替わりです。
また、お食事はお部屋でゆっくりとお召し上がりいただけます。グループのお客様には、別なお食事場所をご用意いたします。

充実の別注料理

名物うちわ海老など、まだまだ伊豆の味を食してみたいというお客様には、充実した品揃えの別注料理もございます。
ご注文は、事前またはご到着時に承ります。
※高足ガ二は事前注文のみ承ります。
※仕入れ状況により、ご希望に添えない場合がございます(特に伊勢海老と鮑の小)。

伊勢海老お造り
伊勢海老お造り

6,600~9,900円

舟盛り料理
舟盛り料理

27,500~33,000円

あわびお造り
あわびお造り

8,800~9,900円

あわび踊り焼き
あわび踊り焼き

5,500~6,600円

伊勢海老鬼殻焼き
伊勢海老鬼殻焼き

6,600~9,900円

刺身盛合わせ
刺身盛合わせ

(一人前)3,300円

あじたたき
あじたたき

1,980円

さざえつぼやき
さざえつぼやき

1,980円

椎茸つけ焼き
椎茸つけ焼き

1,980円

料理長おすすめの地酒

お客様のお好みや料理にあったお酒を、

種類豊富な静岡の地酒の中からお薦めさせていただきます。

お気軽にご相談ください。
知る人ぞ知る静岡県の銘酒を各種取り揃えました。

​≪地酒知識≫

静岡の地酒がうまいという評判が全国的になったのはここ12~13年来のことです。
昭和61年全国清酒鑑評会において、静岡の地酒は同時にいくつもの金賞を受賞して注目を集めましたがそれまで決して有名ではありませんでした。
現在でも静岡県の酒生産量は、全国の総生産量の1%にも及びません。
このような酒造後進県が中央の桧舞台に踊り出た秘密は、豊富で良質な水と静岡県工業技術センター主任研究員河村伝兵衛氏の開発した「静岡酵母」にあると言われております。
静岡酵母を使ったお酒の特徴である、香りのよさとのどごしの爽やかさを味わってください。

開運(吟醸酒).jpg
開運 (吟醸)

酒度+7、酸度1.3
のどごしスッキリ。バランスのよい辛口。
(大東町・土井酒造) 四合 4,400円

花の舞(吟醸酒).jpg
あらばしり(本醸造)

口当たりの良い淡麗辛口(当館推奨の地酒です)。熱燗・冷酒どちらでも。
(修善寺町・万代醸造)四合4,400円 一合 1,100円

磯自慢(吟醸酒).jpg
磯自慢

すっきりした酸味が漂う吟醸香のすばらしい辛口のお酒。
(焼津市・磯自慢酒造)
・大吟醸純米 四合 13,200円
酒度+4、酸度1.3
・吟醸 四合 8,800円
酒度+7、酸度1.1

楽(山廃仕込本醸造).jpg
楽 (山廃仕込本醸造)

酒度+6.5、酸度1.2
旨み・キレのある辛口。
(富士宮市・富士高砂酒造) 四合4,400円

おんな泣かせ.jpg
女なかせ(純米大吟醸)

酒度+4、 酸度1.2
穏やかな香りの大吟醸。食中酒にピッタリ!冷酒でどうぞ。
(島田市・大村屋酒造場)
四合7,920円 一合 1,980円(入荷予定要確認)